さくらの芽

読んだもの、見たもの、気になったことを大学院生のさくらさんが記録するブログ

明日は23日、ふみ(文)の日

お手紙を書くのが、昔からすきです。

たぶん、どちらかといえば筆まめなほうなのだろうと思います。

あっという間に、連絡がとれてしまう、数多くのメールの中の一通、に

なってしまう時代だからこそ、大事な人との連絡は、たまには手紙が

いいなって思う。手元に残るのもいい。

「普通」という言葉が嫌い

「普通〇〇だよね」といった形で用いられる「普通」という言葉が

嫌いだ。

そもそも「普通」の人なんて一人もいない。

それぞれ、個性をもった一個人でしかないのだから。

 

私がとった選択は、わたしにとって、あまり「普通」ではないことで、

これでよかったのか、葛藤が残る。

 

私は、私が大事にしている人を傷つけたくない。

モエレ沼の芸術花火

今年は9月5日だそうで。

行ってみようかなあ。

就活めいたもの

就活めいたものをはじめて感じたこと。

 

〇クナビとかを運営しているところの

別の分社のサマー・インターンに行ってみたいと思い、

軽い気持ちでエントリー。書類、一次面接は難なくクリア。

問題は二次面接(たぶん落ちた。間違いなく。)

 

小学校のときがんばったことは?

中学校のときがんばったことは?

高校のときがんばったことは?

と大学生になる前のことを相当深掘りしてくるわけです。

 

覚えてないし、勉強ぐらいしかしてない灰色の青春を

送ったわたしにとっては、つらい時間だった…。

面接官の方の気迫に負けてしまったという部分もある。

 

たしかに灰色だったかもしれないけど、思い返せば、

たとえば勉強ひとつとってみたって、火曜テストをバロメータ

としてがんばっていたこと、バスを待ちながら脳内で一人英会話

の練習をしてたこと、小さな工夫、努力ならいくらでもあったはずで。

 

でも、そんなこと、急にきかれても、とっさにはでてこないわけで。

 

そんなわけで、「自己分析」なんてくそくらえ、とは思いつつも、

最低限、自分の人生をお風呂で振り返っておくぐらいのことは

しておいたほうがいいんだな、ということを学びました。

 

今日は暑かったなあ。

谷中・ひみつ堂

ず~っと行きたいと思っていたひみつ堂にようやく、

行くことができました!今日はくもりだったので、20分ほど店先で並び

ましたが、そんなにきつくなかったです。

いっしょに行ってくれた方に感謝。(ひとりだったら、並ぶということを

知った時点で諦めていたかもしれない)

 

評判通り、美味しかったですね。さわさら、ふわふわの雪みたいな

かき氷でした。

私は「紫陽花」という晩柑を使ったかき氷を頼んだのですが、

水色があまりにも淡い水色でうまく写真におさめられなかったのでした。

 

そのあと、夜の予定の前に、都美の「大英博物館展」に駆け込みで行く

ことができました。

 

100点のものから、人類史を、握り斧の時代から現代まで振り返るという

ものでしたが、おもしろいものでいっぱいでした。

 

デューラーの「サイ」の絵のポストカードが気に入ったので、

それを買って帰りました。

積読ならぬ積美術館

<今週中>

大英博物館

マスク展

マグリット

 

行ったら報告レポートをゼミブログに

書くことにしよう

 

吉祥寺探検したいとこリスト

吉祥寺は、こどものころからよくいくまちで、

もはや、自分の庭のような落ち着ける場所なのだけれど、

まだまだ未開拓の場所も多い。

 

【次に探検したいところ】

イタリア輸入文具店ジョヴァンニ