読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

さくらの芽

読んだもの、見たもの、気になったことを大学院生のさくらさんが記録するブログ

就活めいたもの

就活めいたものをはじめて感じたこと。

 

〇クナビとかを運営しているところの

別の分社のサマー・インターンに行ってみたいと思い、

軽い気持ちでエントリー。書類、一次面接は難なくクリア。

問題は二次面接(たぶん落ちた。間違いなく。)

 

小学校のときがんばったことは?

中学校のときがんばったことは?

高校のときがんばったことは?

と大学生になる前のことを相当深掘りしてくるわけです。

 

覚えてないし、勉強ぐらいしかしてない灰色の青春を

送ったわたしにとっては、つらい時間だった…。

面接官の方の気迫に負けてしまったという部分もある。

 

たしかに灰色だったかもしれないけど、思い返せば、

たとえば勉強ひとつとってみたって、火曜テストをバロメータ

としてがんばっていたこと、バスを待ちながら脳内で一人英会話

の練習をしてたこと、小さな工夫、努力ならいくらでもあったはずで。

 

でも、そんなこと、急にきかれても、とっさにはでてこないわけで。

 

そんなわけで、「自己分析」なんてくそくらえ、とは思いつつも、

最低限、自分の人生をお風呂で振り返っておくぐらいのことは

しておいたほうがいいんだな、ということを学びました。

 

今日は暑かったなあ。